天の泣く朝に
無料オンラインゲーム『mabinogi』主にMMLを使った演奏生活中の、中の人のあれこれ。なぜか魔人アニメ感想も。全く節操なし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

DVD9巻感想。…『感動をありがとう! 熱戦、ついに決着!!』だそーな。

さて、本日密林辺りから『おおきく振りかぶってDVD Vol.9』が届きました。
早速こそこそと、パソで観戦。
和さんが男前だのう…。

さて、これでアニメ『おおきく振りかぶって』としての主なセールスアイテムは終了となったわけで。
あとはイベントのDVDくらい…?
本誌では西浦の夏にケリが付いたことだし、
ぜひ13話くらいで夏体終了まで続けてくれないものかねと思ってしまう…。
何よりこのアニメは、
アニメになるとこんなに面白いんだ、アニメってこんな面白いものなんだ、と
本当に目を見張った作品でした。
原作の漫画と見比べると、動きが作ってホントこんな面白いのか、と思い知らされた。
ひとえに演出である絵コンテを切った方であったり、
実際に動きを生み出した原画の方であったり、動画の方であったり、
またソコに音をつける音響の力であったり、
もちろん最後の息吹、声優陣の演技があってこそなのですが。
本当にもう、なんて秀逸な動き、と目を見張ってしまうアニメだったわけです。

それだけにスタッフの方の負担は大きかったと思います。
でも本当、素敵な夏をありがとうございます。

さて、取り合えずの9巻の感想は以下続く。


最後に。
よ、よかった…西広君も最後には付いてきて…
(い、いやDVD10巻が出るはずだ、と願掛けするならなかったほうが良かったのか?!)




↑ まず、特典で付いてきたおお振りカード話でした。
でもライナーノーツの声優陣の感想は花井(谷山さん)で終了なのか…
(追記:ごめんなさい、木村さん…ありました、感想。三ツ折になってたとは不覚 orz)

ぜひぜひ、モモカンとか、聞きたかったのにね。

まあ暫し横に置きつつ、DVD鑑賞。
もう何度も見たけど、24話、25話は本当にうーん、おお振りってすごいなあ…。
放映以後に出てきたインタビュー記事とか見て見返している分、
いろいろなシーンがそうなのか、と納得できる。

そして某イベントでAパートのみで終わったという基本のキホン、ですよ!
取り合えずカグヤン先輩、かわいいな、声。
ただ、もちっと、終盤のアップの香具山先輩、目に力あっても良かったんじゃ…?
この元々の原作の読みきりは、とにかく、カグヤンの序盤の死んだ目と、終盤の輝きを取り戻した目の比率が印象的だったはずだが…。
でも榛名がかわいかったよ。うん。
涼音先輩に対しての辺りとか。
まあ、でも、内緒にしておいて欲しいって暴露話を始める榛名はかわいいよね。うんうん。
でも他のところでは、やっぱり俺様なんだけどさ…榛名。
やっぱりアレか。皆やっぱり榛名の半裸がアレなのかな。
つか、凄いなー腹筋のわれ具合が。とかしか見ないあたしは、ミハシ派なのかね…。

でもやっぱり凄く良く出来ているというべきなんでしょう。
しかし、代永さんはどこのガヤなんだ…もしかして、最後の「オー」?
――聞き取れなかった、ゴメン。

さて、おまけの『NISHIURA SCOREBOOK』。
表紙にラフが。かわいいぞ、凛々しいはずだけと、かわいいぞ、レンレン!
中には雑誌掲載の絵がずらり。これを見ていると誰に人気があるのかわかりますな。
その点、沖君や栄口君がちょっこっとでもいてくれたのは嬉しい…西広先生はダメですか。(コーチャーは大事、コーチャーは大事!!)試合中、かなりの割合で声は聞こえてるんですけど。

中はおお振りアニメ3大神(監督×総作画監督×アクション作画監督)対談。
そこで始めて、2期OPの三橋のチップの理由が。
なるほど…確かに皆セーフになってます。言われて始めて気が付く。
素ではじくの三橋っぽい(非道)なので、あまり気にしてなかったけど…毎回巣山がんばってくれ(笑)
いろんなこだわりが、随所で+になって層を厚くして、だからこそこれだけの作品に仕上がったということなのでしょう。お疲れ様です。

ついで声優陣インタビューでついに西浦4番中の人が、おお振り打ち上げ3次会でひぐち大明神にされた悪戯書きの内容が判明!!それは、私も目の前に転がってたら、絶対写メ取るわ。うん。電車乗ったところで「鏡見たほうがいいかもよ」って声かけるわ。――でも、お家帰ってから気が付いたのか、この口ぶりからすると(笑)
あと、福山さんが『キャラクターと同じポジション&打順で野球がしたい』と仰っていましたが…ちょ、それ無理だから!!ゲンミツに無理だから!!
バッティングとか、内野とか外野とかは、意外に出来そうだし、中村さんも意外にキャッチャーくらいやっちゃいそうですが…。
代永さん、マウンドからキャッチまでノーバンで投げられるのかな…(酷)
いや、以外にあるよ、18.44mって。
(追記:よ、よく始球式でも野球とか運動してない人が投げるとワンバンになってるじゃないですか!! だから、素人が直ぐにピッチャーの真似は出来ないと思うってことで、代永さんだから出来ないって意味じゃなく、だって、エアキャッチボールとかやってる人が…むりだよぉおお)
まあ、あれだ、まず…瞑想あたりからで、どーですか。


以上。
素敵な夏のワンシーンを、ありがとうございました。

  1. 2008/02/28(木) 00:55:40|
  2. 中の人あれこれ-仲の事あれこれ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://selenteardrops.blog31.fc2.com/tb.php/92-56cfab62
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。