天の泣く朝に
無料オンラインゲーム『mabinogi』主にMMLを使った演奏生活中の、中の人のあれこれ。なぜか魔人アニメ感想も。全く節操なし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

物語の着地点とは

さて、アフタヌーン4月号ネタバレ。と、マビノギ新規アップデートをかけたお話。
ただの駄々漏れ駄文と解きます。

その心は?


結末がいつになるかが心配です。
以下。



おおきく振りかぶって』。
アフタヌーン2004年12月号から、ずっと夏の高校野球埼玉大会予選をずっと過ごしてきた、『西浦ーぜ』こと県立西浦高校公式野球部の夏が、アフタヌーン2008年4月号で終わりました。
全員一年生の部員。経験もない彼らが実際どこまで勝ち進んでいくことが出来るのか。
夏体が始まったときから心配でした。
(というか、アニメにもなって人気が出まくったときからか?)
実際の高校野球で、創部から最速で甲子園にいけたのは実質1年4ヶ月らしい。
おお振りは結構、現実に即す傾向にあるため、絶対1年目での甲子園出場(地方大会優勝)はありえないかとは思っていたものの、アニメ化によって人気が大爆発し、増大したファンの勢いに負ければ、『西浦のバッテリーの宿敵』とも言える榛名の武蔵野第一との決勝戦(その前に武蔵野第一に、県内最強でしかし今年は一番の不作のARCに勝ってきて貰わないといけないのですが。)とかやりそうだなと思っていたので。
しかし構成勝ちというか、相手の徹底分析による大量失点、捕手の故障、ときて、とうとう、我らが『西浦ーぜ』は敗北し、彼らの1年生の夏は終わりを告げた。
おおきく振りかぶってを振り返ると、構成はこうなる。
1部は、主人公のピッチャーが中学自体と決別し、高校のこのチームで真のエースになるまで。
(この段階で、漫画を読んでいる人の中ではかなり名前が売れて、人気が出た)
2部は今度はキャッチャー側の話。そして間髪入れずに夏体が始まった、という感じ。
最初は1部で行われた試合も見切り発車だったらしく、インタビューに答えた中で一応高校卒業までかけたらという希望はあるらしいが、作者は、この先どこまで『西浦ーぜ』の物語を見せてくれるのだろうか。
人気がある、というのはそれだけ彼らが活躍して欲しいという読者のプレッシャーとの戦いでもある。
ただ、リアリズムが根底にあるこの漫画で、どれだけ作者自身が納得しつつ、かつ、読者を納得させられる展開が迎えられるだろうか。
というか、書きたい事書き切ったら、さくっとエンドマークつけそうで怖いが。
取り合えず高校野球とはまったく縁のない筆者とはいろいろな事が目からうろこなので、夏体が終わったあとの高校球児の生活を垣間見せていただけると嬉しい。
なんでもない、生活のひとコマでも、でっち上げにある胡散臭さを感じない。「ほほー」と納得できるのはやっぱりしっかりとした取材の賜物なのだろうか。期待が高まってしまうわけなのである。


マビノギ
終わりのないゲームとして構築されるMMORPGの中で割合早い時期に『メインストリーム』という物語(大体、マビノギって名前だって物語の意味があるものだしね)を打ち出したネトゲ。
そののほほんとした世界観や生活感がたのしくて、犯罪者を出してしまうほどの熱狂振りである。だが初期の高額課金時代を支えた根幹はこの世界に存在するNPCたちと織り成す『メインストリーム』だった。
メインストリームはその後G1G2G3と3本用意されて、その後は開発されなかった。
ただしストーリーの観点から見ると、その3つを見てもなお残る謎や前振りが多く残り、ユーザーたちから「新たなメインストリームを」との声も上がったことがある
ただ開発元は長い時間をかけてコツコツ作り上げてきたゲームのコンテンツが、早いと3日で踏破される状況において、新たな『メインストリーム』の開発・導入に難色を示してきた
これは経営の面から言えば、理解可能な話である。つまり開発の時間・費用に対して、ユーザーをつなぎとめて置ける時間(利益を稼げる時間)が短いということであろう。
ただ、それじゃあ納得できないのが、やっぱり物語を見てきたユーザー側である。
今回、新たな『メインストリーム』が追加されたが、果たしてこのマビノギが綴る物語りはどこに終着点を求めるべきなのだろう。
中途半端に物語を放っておくから、ユーザー側としても期待するのかもしれない。
きちんと魔族側の大侵攻や神々の陰謀や3戦士(というかルエリか…)のその後にケリをつけるとかその辺りの整理が付けば、ユーザー側も納得するのかもしれない。


とどのつまり、物語が飛び始めて、どの地点に着地するか。
着地点の記録が気に入らなければ、再度周りから求められてしまう。
それがどの辺りなら、周りと作者と受け取り側が納得できるのかというのが難しいのかもしれない。
取り合えずおおきく振りかぶってのために、アフタ本誌を買ってアンケートを送り、
マビノギの新たにアップデートされた打楽器用の楽譜を作ることにしようとおもう。

  1. 2008/02/25(月) 23:19:11|
  2. 中の人あれこれ-仲の事あれこれ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://selenteardrops.blog31.fc2.com/tb.php/91-bb19e817
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。