天の泣く朝に
無料オンラインゲーム『mabinogi』主にMMLを使った演奏生活中の、中の人のあれこれ。なぜか魔人アニメ感想も。全く節操なし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

午前様コース問題

今回の音楽祭で、ちょっと話になっていたので、取り上げてみたいと思います。
午前様コース問題、と名づけました。
音楽祭をやると、必ず時間が押せ押せになり、その日のうちには終わらずに、次の日の午前中になってしまうという問題です。
なぜ取り上げたかというと、その原因です。
今現在多く上がっている声は、司会者の時間管理が悪いから、という指摘なのですが、果たしてそれだけなのだろうか、と思うからです。
自戒をこめて、続けたいと思います。

またもや文字ばかりで申し訳ないです。



いま、司会者が管理できていないのが悪い、との指摘が出てきていますが、実際問題、司会者さんにどれだけ時間管理ができるんだろうかと考えます。
音楽祭で、司会者さんが短縮できるのは、演奏者と演奏者の合間のつなぎ部分だけで、後は演奏者が、MCしたり演奏したりする時間です。
今回はその時間をきちんと制約していました。
22日は、「8分」が1組の持分でした。
でも、演奏者の側でどれだけ守れたのか、私は不安です。
(いや、計っていないので、実際は大多数の人が8分だったのかもしれないんですが)
16組前後の演奏で1時間半なら、単純計算一組5分半、
呼び出しMCに2分掛かったとしても、一組3分半はオーバーしていたことになります。
そして、もし3分半のオーバーなければ、-56分の短縮で、午前様にはならなかった計算です。

私の場合、私が演奏予定した曲目は4曲で、合計7分30秒位の演奏でした。
(ただ、これはうちのキッチンタイマーで、演奏を鳴らしている間を逆算的に計測したので実際はもっと誤差が生じていたと思います。)
私は主催者に事前に「時間が押せ押せだったら1曲取りやめるよ」といっていました。
でも結局私は弾きました。
なぜ弾いたのか。
もうこれは単純に【せっかく作った弾きたい】という気持ちを抑えられなかったからという間違った判断でしかありません。
多分、MCに時間がとられていて、実際のところは「ゆうぐれに」をとりやめて、何とか、かつかつ収まった程度だったのではと思います。
そんなにMCに時間取られているなら、曲を演奏しながらお話すればよかったんですが、今回出した曲は皆歌曲で、歌詞を打ちながらの合間に話す余裕は無かったです。(定番のシシリエンヌは歌曲ではないので、MCをかぶせました。)
MCしなきゃよかったろ、と言われるかもしれないですが、このMCがあって、ネタ師の方の演奏が成立したり、知らない楽曲の解説を入れることで新しい曲に興味を持っていただくためには必要不可欠なものだと思うのです。

今現在、演奏者の意識は「完璧な演奏を届けたい」と言うところにかなりの重点を置いていて、観客も「綺麗で正確なものを聞いてみたい」という気持ちが少なからずおありになると、私は感じています。
そんな中、ルエリの音楽祭の最高にいいところは、演奏者に「ドンマイドンマイ」「わかんないけど、すてきだね~」というような、理解に満ちた暖かな雰囲気です。これに支えられて緊張していても、演奏者は落ち着いて自分の演奏を披露することができると思います。
なので、観客の方は快く演奏のやり直しに声援を送ってくださったり、演奏家たちも調律法を編み出して、短時間で誤演奏を見破る方法を作り出たり、また、独自の検証で演奏知識の無いキャラが作った楽譜(レベル:習作)の方が演奏成功率が高いことを突き止めて、サブキャラに作曲だけとらせたりしていらっしゃる人もいます。
でもやっぱり、失敗による弾き直しは発生するし、合奏に至っては現在も暗中模索中です。
やり直しをしていて、時間は押せ押せになっていってしまうと、時間を見ているのは…司会者さんなので司会者さんが焦る。
そして、イエローカードや、その他時間が無い為の発言につながってしまう気がするのです。

そして

発言だけ取りざたされ、司会者様の管理能力が悪いのではとの指摘。
やっぱりあそこで演奏した判断は、と今でも悩んでいます。
こんな問題がおきて、一番被害をこうむるのは発表の場を無くしていく演奏家のほうであるのに、司会者だけが悪いような形になってしまって。・・・・自らの首を絞める結果なったのではないかと思います。


次の時は傍らにキッチンタイマーをセットして、自分で時間経過を管理したいと思います。
そして、すっぱりダメなときは諦められる構成にしたいと思います。


取り留めない文章で申し訳ありません、もしかしたらもうちょっといいまとめ方があるのかもしれないのですが…。
また、考えて見ます。



  1. 2005/10/24(月) 17:33:31|
  2. マビノギ-音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:7

  

コメント

コッソリ。

ドモー。
こっそりSAIです。

問題の司会である私自身がナンタラカンタラと発言しても意味ないので、とりあえずこんな報告だけ。

一日目は8分という目安(あくまで限定ではない)でしたが、その8分以内に終わったのは、私とsunsukeさんの最後の合奏を含め、6/19人(組)でした。
一方、出演時間が10分を越えたのは12/19人(組)。その中でも、目安の二倍である16分を越えたのが3人(組)。

何ともないように司会している と 見 せ か け て 、リアル頭痛を訴えたり胃痛を訴えたりしながら司会してましたorz
(sunsukeさんに至ってはたった一晩で胃潰瘍を患う始末)

私たちも同じ楽師なので【せっかく作った弾きたい】精神が判るので強制終了などはしませんでしたが、せめて2日目はキッチンタイマーが0になったら大爆発を起こすくらいの精神で皆さんに挑んでほしかったですね(ぇ
(2日目の時間はまだ聞いてませんが…)

今回ので、もう演奏会やめようかと考えたのは秘密です(ぇ

過去何回もやってきたなかで、必ず5時間以上かかっているという事実を知ってるのか知らないのか、延長だ司会云々だと言っている人は無知orノータリン(言いすぎ)だと勝手に判断させて頂いております(ぇぇぇ)ので、今後も楽しくやっていけたらと思っています。

クレームなんて、見なければ気にならない!(ナニソレ
  1. 2005/10/25(火) 01:24:43 |
  2. URL |
  3. SAIsound #gjiiDFjE
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2005/10/25(火) 09:16:56 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

今回お世話になりましたぁっ

ども!セレンさんこんにちわぁ!
今回の問題について自分の意見はゲーム内で話した通りです。

とりあえず、改善点や問題点の話題でもちきりになっちゃってたんで。

ちゃんと、ここでお礼を。参加者として、お客様として毎回もりあげてくれてありがとうございましたTT
自分も皆さんのおかげですごく楽しめました。
演奏会ないときに個人的にあっちこっち聞きにいこうかなぁ・・w
  1. 2005/10/25(火) 17:09:45 |
  2. URL |
  3. sunsuke #.C5FD2OQ
  4. [ 編集]

ご来訪、ご光臨、ありがとうござ~い。

>sunsukeさん
わざわざ、ありがとう。
本当に気配りさんなんだから…。
体調は大丈夫ですか?毎回、いろいろ負担になるようなことで、ごめんね。反省してます。
というか、私は個人的にsunsukeさんの演奏をじっくりと聴きたいゾよ…w


SAIさん>
SAIさんはいっぱいいるので、こう呼ばせて頂きますw
そう、1日目は結局19組で、過半数がお約束を守れなかったんだ。
それじゃすごい気をもんだよね、ごめんね。
本文にも書いたけど、演奏家の方もお約束時間を守るという意識がちょっと薄かったかもしれないのが、問題を深刻にしたと思います。
司会者のお二人が演奏者の気持ちを慮ってくれたのに甘えたのかもしれない。

ただ、あんまりそんなに怒らないで、お願い。
演奏家も今度の話しを聞いて、反省している人いっぱいいると思う。
そんなにSAIさんにいわれちゃうと、今度演奏会があっても出演を思いとどまっちゃう人が続出したら寂しいと思う。
それに、何か意見を言ってくれたっていうのは大事だと思う。
初めて来た人には、いつも午前様なんて知らない人がいるかもしれないし、250人も集まるなんて事も知らないかもしれない。
確かに、ただ闇雲に非難したいだけの人もいるけど、1つの意見は、その背後に何人もの不満が詰まっていることがある。
意見は意見として。「見なければ気にならない」なんて寂しいこといわないで。ね?
  1. 2005/10/25(火) 18:07:15 |
  2. URL |
  3. セレン #EBUSheBA
  4. [ 編集]

んまぁ、出てない人が言うのもなんですが、時間の問題は、主催者側だけの問題ではないかと思います。また観客だけの問題でもないのです。
現実世界の演奏会やライヴでも、会場を作っていくのはこの両者であり、その時々によって時間は変化します。それは時間が無形なものだからです。また、それと同様に、その楽しむ空間も無形なものでその時々により変化します。
なら、どうすればいいか?
まずは時間。主催者側は、時間の管理人です。
ゲームで言えばゲームマスターにあたります。
そこにはいろんな感情もあるでしょう。演奏させたいというやさしい想いや時間との戦い。ですが、それをも主催者側は操らないといけないと思うのです。時間をあらかじめ多くとっておくのも一つの手だし、また、曲数を減らすの手でしょう。また人数制限を用いるのも手だと思いますが、どれをどうするかは、主催者の判断です。
その判断が、イベントを左右するでしょう。
ラジオの放送なんかでもタイムキーパーというものが存在しますが、その時々によって「まく」かどうかなど指示したりと、結構重要です。
 では、参加者、会場の人々はどうするか。
まず、参加させてもらってるといううことを忘れてはいけない。イベントの振興が、必ず時間通りいくなんてことは聞いたことがありません。それをなるべく誤差が出ないように、必死で管理し、すすめてる人たちがいる。ですが、この存在に気づかない、この事にきづけない。問題は。思いやるということ。演奏者側も、時間がなかったら一曲とりやめるというくらいの思いやりは大切だと思います。というのは、それによって、「イベント」全体の成功につながるから。
演奏は、何故するのか?イベントは何故するのか?
それは、音楽を誰かに喜んでもらいたいため。そのイベントを通して音楽を楽しんでもらうため。
自分の演奏も大切ですが、イベントそのもの自体の成功も考えるのが演奏者側の持つべき考えでもあると思います。
観客は観客で、そのことを察すること。
いいたい放題いわれても、主催者側もたまったものではないですよね?
 また、マビでは無料演奏会ですから、お金を払って見に来るという「意思」を買って、来ている人たちだけじゃないのも、収拾の問題の難しさであると思います。
 ながなが書いてきましたが、この問題は一概に解決できませんよね。とても難しいともいます。
ですから、がんばるし、やりたいと思うのではないでしょうか?
一番大切なのは、「やる」という意思と、「思いやり」の心だと、僕は思ったのであるよ。
とらしくないことを、のたまって、学校へ行ってまいります!w
  1. 2005/10/26(水) 08:26:16 |
  2. URL |
  3. 雪月亜利栖 #ovK3pum.
  4. [ 編集]

演奏会おつかれ!(*´ω`*)ノ

遅くなりましたがおつかれ!
β時から親しんだ「ゆうぐれに」を聴けてとてもよかった!
しかも歌詞付き!
うちは作詞の才能無いけど、頑張って真似してみようと思った!w
次回も宜しくね~。

さて、色々意見がでていますが…
私もリアルでライブ出演してたり、
特定のイベントのオーガナイズを務めていた身としては
ゆっきの意見に賛同する部分もあります。
かなりいい加減なライブをやっていましたが、
やはり「時間」というものには気配りはしていました。
具体例としてはマネージャーサイドの方が「そろそろ時間だよ~」って声かけるだけですがw
ただ勿論、現実のこういったものでは店舗の営業と金銭が関わるからというのもあります…w
共通する部分を個人的な感情で言うなら、主催者に全ての責任を果たすわけではなく、
演奏が作り出す雰囲気や空間演出にも責任と使命があるという事。
これはいかなる表現手法においても総合的な絶対的条件かなぁって思います。
表現者に決まりが設けられないということも決してありません!
「時間」が一つの条件ならば、その条件もクリアしてこそ作品です。
|-`).。oO(…とは言っても実際ここにルーズになってしまったのですが…)
一度のイベントではないのだから、
次回への期待も持つ為に演奏者側も気配りをしなければならないよね。
時と言う問題はゲームとはいえど重大な課題であることには違いないです。
色んな意味で教訓になった日だったと思います!
やってしまった!という失敗があるから前進もまたあるのです!
次回も頑張りましょう!

長文乱文に加えて堅苦しい意見ごめんちゃい(;つД`)
  1. 2005/10/26(水) 16:43:55 |
  2. URL |
  3. あにゃん #CjlWd7YA
  4. [ 編集]

最終的に

ゆき様>
確かに、たくさんの人がかかわるわけだし、
そういう思いやりって大事だよね。
融通を利かせる、そんな感じで参加できるように、次回もがんばるから、見に来てねっ。

ッテ!ちょとまて、その時間でガッコ行くって…遅刻か!?!遅刻なのか?!?!?


あにゃさん>
なんかリアルで動いてるぶん、言葉に重みが…
確かにリアルでは会場は有料、時間を抑えないと追加料金になっちゃうもんね…
(リアルイベント主催のとき、マジアセッタ)
条件をクリアしてこそ、の演奏、今後もがんばっていこうねっ。
コレカラモドウゾヨロシク。



さて。
今回の話を振りかえってみるに、どうやれば繰り返さずにすむのか、が自分なりに見えてきました。
先に述べた、
「演奏開始時に、規定時間でキッチンタイマーを鳴らす」
というのもそうですが、
「思いやりをもって、演奏を融通させる」
「お約束は守る」
といった、意識改革も必要な気がします。
やりたいだけやった、ああ、楽しかった、ではもう済まない規模なのかもしれない。
いろんな人が集まるからこそ、続けられるよう、より一層精進していきます。
そして、また演奏会に出たとき
「よ、皆勤賞」
なんて、お声が掛かるときに
「はたまた凝りずにやってきました~」
なんてアドリブ入れても十分回っていけるような
そんなわきあいあいの演奏会にしたいです。
  1. 2005/10/27(木) 14:56:44 |
  2. URL |
  3. セレン #EBUSheBA
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://selenteardrops.blog31.fc2.com/tb.php/7-f2742ede
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。