天の泣く朝に
無料オンラインゲーム『mabinogi』主にMMLを使った演奏生活中の、中の人のあれこれ。なぜか魔人アニメ感想も。全く節操なし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

よーいドンから食べるまで1時間で出来るスコーンのご紹介

実は、中の人、コーヒー飲めません。
(よく出先とかでコーヒーとか出してくださるんですが
 飲んでるときは良くても、後で口の中が酸っぱくなるのが苦手なのです。)
よって中の人、大抵飲むのはお茶系になります。
紅茶はアッサム一辺倒。特にこのごろは。
(とゆーか、腕が無くてダージリンを美味しく淹れられた例がない)
そして件にもれず、ミルクいれて飲みます。あーただしミルク自体は温めたことないですね。だって夏だし。あったかい紅茶を、冷たいミルクで割って、生ぬるくして飲むのが常套手段。
アッサムで綺麗に透き通ったアイスティを淹れるのはむちゃくちゃ難しいので、キンキンに冷やすときはミルク入れてごまかします(笑

で。(お茶の話はいいんだって… っ( `・ω・)つ◆<オイトイテ)

お茶請けが、欲しくなります。
もちろんアフタヌーンティーなんぞとしゃれるつもりは無いんですけど、お菓子があるとうれしい。クッキーとか2・3枚と、面白くて未読の本があると、もう至福ですな。
でも今までであったお茶請けで一番のって実はアフタヌーンティールームのプレーンなスコーンだったりします。しかも焼きたて。これ必須。
1・2回、焼きたてのスコーン(ただ温めたんじゃないアツアツだった!!)にあたったんですが、もーーーほんとーーにカリッカリの中フワフワ。これにクリームつけて、ジャムつけて、更にミルクティ。
(もーね、また行きたくなったな、ティールームorz)
でも焼きたてに当たらなきゃ意味ないのよ、ホント。だもんで何度もはずしてしまう。

まあ似るかどーかはともかくとして、そんなわけで自作してアツアツの作り立てを試みようと思い立ちました。
で、今回はフードプロセッサーかフードミルをご用意いただければ「作るかー」から「いただきます!」まで1時間くらいでいけます。
逆に無くても一応作れます。ただし手早さとか大事ですんで、その辺プレイヤースキルが必要になりますので、あしからず。

出来上がりこんな感じ

よーいドンから食べるまで1時間で出来るスコーンのご紹介は、


◆材料(4個分)――― 4つで大体680kcalくらい、1個約170kcalかな?
 小麦粉 100g
 ベーキングパウダー 小さじ2弱
 バター 25g
 低脂肪ヨーグルト 30g~40gくらい

◇あと、甘い方がよければ
 砂糖  大さじ1

◇器具としてはスーパーの荷詰めのとき、勝手に持ってけ状態のよーな透明ビニール袋と、ボウルと、粉ふるいと、大き目のスプーンと、クッキングシートと、ラップと、フードミルかフードプロセッサー。あ、あとオーブン。

作り方
  1. バターは5mm~1cmくらいに賽の目に切って、冷蔵庫で出番まで冷やしておきます。

  2. 小麦粉とベーキングパウダー(と砂糖)を計りながらビニール袋に入れてシャカシャカ振って混ぜて均等に混ざるようにしつつ、更に1回くらい粉ふるいで、ふるっておきます。(用量の小さいフードミル等の方は、まだビニール袋捨てちゃダメですよう~)

  3. バターとあわせていきます。手早くやらないダメな作業です。器具でもやりすぎるとバターが溶けてベタつくので注意です。さらさらの仕上がりを目指してください。
    ●粉とバターが全部入る容量のフードプロセッサーのかた
     →そのままガッガッと粉がポロポロになるまで、回してください。やりすぎ注意。
    ●全部は入らないフードミルなどの方
     →軽量スプーンなどで、バターと粉を均等割して(粉が3分割ならバターも3分割)回してください。出来上がったものは先ほどのビニールぶくろに入れて、均等に混ざるようにシャカシャカ振って、ボウルに戻してください。
    ●プロセッサもミルもない方。
     →粉の中にバターを投下し、よく冷やしたスプーン等でつぶしながら粉がポロポロになるように混ぜていきます。体温でバターを溶かしたりしないように手早く。解けてきたら冷蔵庫で冷やしてください。

  4. 粉をボウルにいれて、少しずつヨーグルトを加えます。でろでろにならないように様子を見て入れていってください。ちょっとのヨーグルトでも十分生地をまとめることが出来ます。

  5. まとまった生地を、棒状にします大体、3~4.5cm直径。お好みです。ラップに包んで、冷凍庫で冷やします。

  6. オーブンを200℃で余熱します。(この間に、使った器具を洗ってしまいましょー)

  7. 余熱が出来たら、冷凍庫に入れた生地を取り出します。(冷たくなっているのできりやすくなってると思います。)4分割に輪切りして、天板にクッキングシートをひいて、くっつかないよう間隔をあけて並べます。大体16~18分程度焼きます。焼きが足りないようだったら1~2分延長して様子を見てください。

で、以上。全体的にキツネ風味の良い焼き色ついたら、出来上がりです。
焼いてるときに、紅茶入れたりして待っててください。ジャムとクリームがあると大変美味しいです。
外はカリカリ、中しっとりフワフワ。
この前、生地にかぼちゃとか混ぜたりしました。この辺の影響とかはナイショデス。ジャムはもちろんリンゴw
黒い粒粒は紅茶の葉を混ぜたからです
焼きいろこのくらいでも十分

ウチはベーキングパウダーが常備されている家庭なので作るの簡単。つくるかーってバーッと作るとあっという間に焼き工程に突入です。
何よりケーキとかより洗う器具も少ないので簡単なんですが。

いかがでしょ?

  1. 2006/07/22(土) 00:00:00|
  2. 中の人あれこれ-仲の事あれこれ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://selenteardrops.blog31.fc2.com/tb.php/50-f4da66e5
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。