天の泣く朝に
無料オンラインゲーム『mabinogi』主にMMLを使った演奏生活中の、中の人のあれこれ。なぜか魔人アニメ感想も。全く節操なし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

【MMLで遊ぼう3】自分で、MMLを作曲(作る・創る)してみたい?の、その2

がくっと更新しておりませぬ。
もーしわけないorz

さて、前回の去り際予告の話どおり、楽譜のない所からはじまる場合から始まりますか。
まず、2通り場合がありますね。

『原曲がある場合』と
『自分の中から音を生み出す場合』と。
で。

以下、今回分『原曲がある場合』、論。


『原曲がある場合』とは言ってみればミミコピですね。
多重和音を3音に落としつつ原曲の雰囲気を決して損なわない、編曲者としての作曲能力が必要になるわけですが、まあ。
実際のところコレは自分の中で何度も繰り返して印象深いフレーズを引っ張り出して見るのが一番良い気がして。

私はそういう時鼻歌にして歌って見ます。

人間、声帯は1つしかないのでトーゼン発生できるのは単和音です。
鼻歌が拾っているフレーズはその曲で多分あなたが一番聞いている音のフレーズのはずです。しかも流れ的に大事な場所。
そのフレーズを主旋律にして曲を練り上げるわけです。
鼻歌が完璧に出来上がっていれば、主旋律は出来てるだけですから、それにあわせた伴奏を尽きればいいわけです。

どう創るのか?
単純に創る伴奏としては『コード』を使う方法があります。
『コードによる作曲方法』とかもある、とても作曲に便利でかつ理論的な音楽構造の下に出来ている串団子(和音のことですな)のことです。
よく楽譜や歌詞の上に『C』とか『Cm』とか書いてありますが、アレがそうです。
そう聞くと何だか複雑そうですが。
実際はコードとか覚えないです。つか、私もコードの解読とかしろっていわれたら、ギターとか習ったこともないのでコード表と首っ引きですし…orz

必要なのは、鼻歌と、こちらの『ペンちゃんの不思議なけんばん』です。



コレが『ペンちゃんの不思議なけんばん』だッ

『ペンちゃんの不思議なけんばん』ってどんなソフトかといいますと、言ってみればキーボードキーを鍵盤にして音を鳴らすことが出来る優れものです。
画面中央の模擬鍵盤に振ってあるアルファベットのキーを押すとそれに対応した鍵盤の音がする。単純シンプルな分かりやすいインターフェースです。ハラショー。
『ペンちゃんの不思議なけんばん』には、とってもうれしい機能がついてます。
この表示が出たらOKいろいろ便利で使える機能がアレもそれもついててうれしいです。

が。

まずわ伴奏を創る、ということで和音機能。
かわいい女の子の脇の、わたあめの辺りにカーソルを当てると簡易和音機能なる話が出てきます。
ここでぽちっとクリックすると、わたあめに文字が出てきます。
で、その状態で鍵盤を押すと、押した鍵盤を基本にした和音が演奏される仕組みになっているのです。

なんとなく読めませんか?…いや、なーんとなくで良いんですけどorz

わたあめにでて来る文字の種類はたくさんありますが、大まかに分けて『メジャーコード』と『マイナーコード』の二種類に分かれます。
音楽を学校で習ったときに多少書いたことがあるんじゃないでしょうか「イ長調」とか「ハ短調」とか。
思い出して欲しいんですが、思い出せないときは…まあ、今再認識ってことで。
長調=明るい感じの曲』で『短調=悲しい感じの曲』で習ったと思うんです。いや。うん。…多分。
で、メジャーってのは長調のことで、マイナーってのは短調のことだと思ってください。
で、悲しい曲想にしたければマイナーを中心に、明るくしたけりゃメジャーを中心に構成するということで。

まあ、てゆーか鼻歌(主旋律)にあわせるためにカウンター的に長調な曲でもマイナーな和音を入れたりしますのであんまりとらわれなくていいと思います。

で。コレはドのキーである『C』を押した時の鍵盤のなんですが。
MML3_6.jpg

こんな風に、マイナー(短調)とメジャー(長調)では和音を構成するキーが違ってきます。
和音も実際聞いてみるとぜんぜん違うのでおんなじ基本キーでも和音の種類によって変わるのでいろいろここ比べてみてください。
基本は位置人低いキー。一番←ってこと。

で。
鼻歌にあわせて、合う和音を決めていって、そのとき使っている和音の音を使って適度にバラバラに配置します。
ドミソドミソ、でも
ドミソド、でも
ドソドソドミソ、でも
その和音があっている間にはまるように音を配置してあげればいいわけです。
で、それをMMLに変換してあげる。
はい、コレで伴奏は出来上がりました。



…主旋律をどうやったらMMLに出来るかやってない!!!のは
それが次回とかぶるからですorz
次回、自分の中から出来た、ほんとーーーに全く創るにはどうしたらイイの?!?でおあいしませう。

  1. 2006/02/23(木) 13:48:46|
  2. マビノギ-音楽|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://selenteardrops.blog31.fc2.com/tb.php/30-b52c3486
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。