天の泣く朝に
無料オンラインゲーム『mabinogi』主にMMLを使った演奏生活中の、中の人のあれこれ。なぜか魔人アニメ感想も。全く節操なし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「色うっす!」――おおきく振りかぶって 第10巻の感想。

待ちに待ってた5/23日。
さあ、こっから5日間は、ゲンミツにおお振りのターン!
24日のアフタ発売、
28日のイベントDVD発売と続いていく第一弾、

おおきく振りかぶって第10巻の発売日です。

(開店と同時に本屋に殴りこもうとしてですね、寝過ごして1時間遅れましたよ……。)

今回店頭で表紙を見たとたんの第一感想が「色薄!」でした。
いつもはもっと強めの空色なのに、今回薄いですな。
シアン30~40%位ですか?
(いつもはシアン100%+マゼンダ20~30%くらいだよね???)
おお振りのイメージって、やっぱり真っ青で気持ち良いスカイブルーだから、ちょっと違和感。
でも、全力疾走の埼玉ナインがいたから、全然迷わなかったヨ。

今回は西浦ーぜたちの3回戦(らーぜたちにとっては夏の大会2試合目)埼玉戦一色です。
珍しい変化球スクリューを持つ投手・市原君に、まさに素材として超級品である大地君を有する埼玉に、らーぜたちはコールドゲームを仕掛けようと目論見ます。

……ここでまず、私としては、うっ、てなるんですよねー。
コールドゲームの成立ってなんだったか?と
まさにオボロゲ。
×ゲーム(さよならゲーム)とかと違うの? とか、全く野球に興味が無かった人間なので、読んでいてその辺が曖昧というダメダメさんなので……
でもおお振りの場合、全然それでも読めちゃうんですけどね。
ゲンミツに。

取り合えず西浦ーぜが狙うコールドゲームの成立ポイントは、
2000年度日本高校野球連盟通達と9巻収録されているらーぜたちのミーティングにより、
「7回以降、7点差以上ついた場合」……よね?(ちとよわき。)

コールドを狙うらーぜたち。
三橋は『自分に力がないから、だ…』といつものように卑屈に弱気。
花井は『田島の代わりの4番』にガチガチ。
一方相手チームの埼玉ナインは、阿倍の策略でジリジリと追い詰められる。

今回、試合中の話が前面に出ている巻です。
でも、前の試合である桐青戦よりも、グッと選手たちの心情にスポットが当たっている為に、野球に詳しくなくても楽しんで読めました。
とゆーか、ぜひこれ、アニメでやって欲しい…!
あの声優陣とあの演出組とで、これやってくれたら、物凄く、物凄く、絶対絶対…!!
くあー、何で終わっちゃったんだ……

ぜひ、中村氏の声で聞きたい。

ルールに詳しくなくても、ドキドキワクワク、
野球漫画に興味ない人だって、ゲンミツに楽しめる、
いつでもキラッキラのおおきく振りかぶって 第10巻の感想は、
ネタバレ満載で以下続く。


...read more
スポンサーサイト


  1. 2008/05/23(金) 14:17:34|
  2. 中の人あれこれ-おお振りであれこれ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。