天の泣く朝に
無料オンラインゲーム『mabinogi』主にMMLを使った演奏生活中の、中の人のあれこれ。なぜか魔人アニメ感想も。全く節操なし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

とりあえずいきてます。

なんでしょうね、とりあえずいきてます。

ぽちぽちとインもしてたりするんですが


こう、がーーーーっとマビをやる時間が取れていません…

ちらっとタラの過疎ップリを覗きに行っただけという…

スポンサーサイト


  1. 2010/06/17(木) 13:06:11|
  2. 中の人あれこれ-仲の事あれこれ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

テラ忙しくなってまいりました。

なんとゆーか、もう、仕事が繁忙期だというのに…


本をつくろうとか、超無謀。


言いたかっただけ。
仕事に振り回されて、マビもやりたいのに全然やれてない。

ああ、メインストリーム、やっと皆に手伝ってもらって終わったのに、
結局とし越したのに、更新できてない。皆様ごめんなさいですジャーーー

そんで、錬金術来て、新しいメインストリームも来てるとユーのに…


つーかネトゲが出来るのは暇な夏だけになりつつあるきが…がががか。



  1. 2009/02/03(火) 02:10:32|
  2. 中の人あれこれ-仲の事あれこれ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

アニメの【秘密】がやりたいことが見えた。

『秘密―トップシークレット―』 著作:清水玲子

白泉社 月刊メロディを主に掲載されている少女漫画(少年漫画なら青年漫画があるのに、少女漫画だとレディースコミックになっちゃう???とするならちょっとメロディは違うと思うので、あえて少女漫画に。……実際は少女じゃない大きいお姐さんが読んでいると思うのだが。)
この漫画は殺人・事故などの被害者の脳を取り出して機械にかけ、捜査にかける科学捜査研究所・法医第九研究室、通称『第九』のお話。(こうかくとあっさり、だな……)
この作者の書く漫画は、どんなにリリカルな少女チックだとしても、グロテスクな画面があったりする。絵自体はグロテスク的な迫力というか破壊力は無いので、そんなに吐きそうにはならない。秀麗な白っぽい画面で構成されるグロ絵は、これってグロイ映像なんだよな、とワンテンポおいてからその威力を発揮するタイプだ。この手の絵が出てくるのは、この清水玲子著作の、もはやお約束に近い、ある意味なくてはならない部分と言える気がする。

この話の面白みは3点ある。
1つは、出てくる捜査手法。脳内に記録された視覚映像を呼び出せるMRIという捜査方法。
これは本文から取ると「時々シャッター(瞬きで目蓋)の下りるサイレント映画をみているようだ」という感じで、読者の側から見てもすんなりと、状況を飲み込める。
2つめはその飛び道具を使うことで当てられる、人々の心のうちの暗い部分の凄さ、見たいなもの。そのひとが隠そうとした事柄までが、「サイレント映画の焦点とか映像の感じ」で暴き出されるというところ。
3つ目はその捜査手法ゆえに出てくる周囲との軋轢を抱える捜査員側の話。
他人様の抱える秘密を暴く、その事そのものが、捜査員たちに与える影響の描かれ方、ドラマがすばらしい展開で繰り広げられる。

あとは薪さん、かな。(主人公は青木ではなくて薪サンだと私は思う。)

少女漫画の分類に入るだろうけれども、正直、少女漫画と考えないで、男のひとも読んでもらいたい気がする作品である。ふつーに面白く読んでいただけることとおもう。

元々この漫画は、作者が大作書いている途中に、1年に1回、特大の読みきりを発表し、それが2年位で1冊の単行本にまとまる、という形式を続けていた。
ある意味かなり準備が必要だと思う話なので、いいペースだな、と思っていたのだが、それが連載で掲載され、ついにはアニメ化された。


以下ネタバレばっちりの、アニメ化に対する感想。



...read more

  1. 2008/04/17(木) 08:19:57|
  2. 中の人あれこれ-仲の事あれこれ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

DVD9巻感想。…『感動をありがとう! 熱戦、ついに決着!!』だそーな。

さて、本日密林辺りから『おおきく振りかぶってDVD Vol.9』が届きました。
早速こそこそと、パソで観戦。
和さんが男前だのう…。

さて、これでアニメ『おおきく振りかぶって』としての主なセールスアイテムは終了となったわけで。
あとはイベントのDVDくらい…?
本誌では西浦の夏にケリが付いたことだし、
ぜひ13話くらいで夏体終了まで続けてくれないものかねと思ってしまう…。
何よりこのアニメは、
アニメになるとこんなに面白いんだ、アニメってこんな面白いものなんだ、と
本当に目を見張った作品でした。
原作の漫画と見比べると、動きが作ってホントこんな面白いのか、と思い知らされた。
ひとえに演出である絵コンテを切った方であったり、
実際に動きを生み出した原画の方であったり、動画の方であったり、
またソコに音をつける音響の力であったり、
もちろん最後の息吹、声優陣の演技があってこそなのですが。
本当にもう、なんて秀逸な動き、と目を見張ってしまうアニメだったわけです。

それだけにスタッフの方の負担は大きかったと思います。
でも本当、素敵な夏をありがとうございます。

さて、取り合えずの9巻の感想は以下続く。


最後に。
よ、よかった…西広君も最後には付いてきて…
(い、いやDVD10巻が出るはずだ、と願掛けするならなかったほうが良かったのか?!)



...read more

  1. 2008/02/28(木) 00:55:40|
  2. 中の人あれこれ-仲の事あれこれ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
  次のページ >>

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。